東芝テック
スマートカート「ピピットカート」の機能拡充図る

リテールテックJapan2019 / 東芝テック

FUN&FAN

ブースの写真
東芝テックのリテールテックJAPAN2019での展示コンセプトは「FUN&FAN」。現在抱えている課題の解決だけでなく、近未来の店舗の提案まで、店舗スタッフも買物客も店舗をもっと楽しみ、そしてもっと好きになる、というコンセプトを盛り込んだ。人手不足やECと実店舗を融合したオムニチャネル化、キャッシュレス化など流通業の環境変化に対応した各種ソリューションを広いスペースで展開していた。
これまで同様に「量販店ソリューション」「専門店ソリューション」「飲食店ソリューション」「ショッピングセンターソリューション」などシーン別に最適化されたソリューションを展示。さらにキャッシュレスソリューションやスマートレシートのゾーンも設けていた。

ピピットカート

ピピットカートの写真
量販店ソリューションで注目を集めていたのはカート型セルフレジ「ピピットカート」。すでに同レジのカスタム版が実稼働しており、説明担当者によれば「稼働は順調で、実際の使用シーンで今後の課題も出てきた」とか。コンセプト先行だけではなく店舗で実際に利用することでより便利な機能が追加されていく。そのひとつがカート型セルフレジの充電機能。カート型セルフレジは電力を必要とするタブレットやスキャナー、セキュリティ用のカメラなどを搭載する。それぞれの機能を発揮させるためには、使われていない時に充電する必要がある。今回の展示ではピピットカートへのワイヤレスチャージ装置を参考出品していた。
これはカート本体に受電ユニットを設置し、カート置き場に送電ユニットを設置する。使用していないカートは、カート置き場にある間は充電を行える。買物中に電池切れを起こす心配もなく、店舗スタッフがいちいちカートに電源を接続して充電する手間もいらず、ほかの作業に時間を割り当てることができる。

東芝テックの新技術

ブースの写真
そのほか専門店ソリューションではRFIDによる在庫管理・購買分析・販促支援などを紹介。飲食店ソリューションではセルフレジやセルフオーダーターミナル、ショッピングセンターソリューションでは新型テナント端末やクラウド型テナント管理センターなどが注目を集めた。
さらに最近のキャッシュレス決済化に対応し、東芝テックとベリトランスが共同出資で設立、今年1月から業務開始したTDペイメントのPOSシステム向けマルチ決済ソリューションや、コード決済関連のソリューションもキャッシュレス決済への関心の高さを示すように入場者を集めていた。

トップへ戻る